見つめなおす

家族

終活の利点について
終活とは、生きている間にあらかじめ最期の迎え方や、墓の準備にいたるまでのプランを思い描き作成することです。
「人生を終えるときを考える活動」の略称であり、就職活動の略称である「就活」とかけたものです。
終活によって得られるメリットは、人生の終わりを締めくくる準備をするだけでなく人生のエンディングについて考える事で、残された人生を見つめ直すことにもあるのです。
また終活は、残される遺族にとっても思いやりの行為であると言えるものです。
日本の少子高齢化社会の中で、家族に少しでも迷惑をかけまいとする想いで終活を行う人が増え、やがて一大ブームにまでなったのです。

故人

葬儀

遺品整理とは何か
遺品整理とは、故人の残した遺産の中で故人が生前に愛用していた衣類や家具・家電、生活雑貨などの物品を整理する事です。
預金通帳など一定の期間保管する事が必要なものもあるのですが、遺品の多くは財産としての価値を持たないものがほとんどです。
しかし、故人と遺族との思い出の品など、処分に困るものもあるでしょう。
特に賃貸物件に住んでいた場合や急な逝去であった場合、葬儀を終えた後できるだけ早く遺品を整理し片付けなくてはならないものです。

理想の葬儀とは
葬儀とは、故人を弔う儀式です。
亡くなってから納骨に到るまでに行われる一連の儀式を言うものです。
多くの場合、遺族は故人を亡くした悲しみに覆われた状態で全てを取り仕切らなければならず、忙しさの中で葬儀に関わる様々な意思決定を迫られるものです。
そのため、葬儀を行う業者の主導で進行される事が多く、遺族は後になってから費用面や内容などへの不満を抱く事になりやすいといった問題点があるのです。
その解決方法として近年話題になっているのが、終活です。

大切なこと

遺品整理

終活とは
最近、終活をする人が増えています。
終活とは、自分の終わり、つまり死んだ特のことを考えて行う活動です。
死んだ後に残った遺族を困らせないように、墓地を買ったり、葬儀の手配を行ったり、財産分与についての遺産相続を弁護士を通じて遺したりする活動のことです。
自分が亡くなった後、遺族が葬儀や墓地の手配でお金をかけたり、遺産相続で遺族間での争いが起こらないように配慮をしたものです。
近年この活動をする方が増えてきて、専門のプランやツアーが開催されるほどに人気です。

遺品整理をします
終活で特に大変なのが遺品整理です。
葬儀や納骨の作業は期間などもあり遺族も悲しみながらでも対応できます。
ですが遺品整理に関しては期限もなく、葬儀が終わって落ち着いてから行う人がほとんどです。
遺品の中には思い出の品や家族でしか大切さがわからない物、亡くなった人の意外な一面がわかる物など様々な物があります。
その遺品を亡くなった本人がいない場でどうすればいいのかは、遺族でもわからないことが多々あります。
葬儀を終えたばかりの遺族にとっては時間的、労力的に非常に負担になるのがこの遺品整理です。

可能であれば
終活の一環として遺品整理をすることをおすすめします。
自身の財産の中で必要のない物は捨てる、もしくは売ってお金にします。
また、どうしても捨てられないものはその品を遺族の中で誰に相続するか、もしくは自身が亡くなった後一緒に燃やして欲しいかなどを遺言としてきちんと残した方が良いです。
遺族も、故人の遺志がどうかわからなければ対処に困ります。
葬儀で疲れた遺族にとっては大変な仕事になりますので、その前に自身の遺品をどうして欲しいかという遺言をきちんと残しておくことが大切なのです。

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031